お役立ちNavi

スポンサーリンク

節分について

節分とは

本来節分とは、
季節の変わり目(立春 立夏 立秋 立冬)の前日の事を指していましたが、
江戸時代以降は主に冬から春に変わる、
1年の始まりの日(立春)の前日を指すようになりました。(太陰太陽暦では2月4日頃)



節分の日は今で言う大晦日でした。
その夜を年越しとして柊の枝にイワシの頭を着けて
入り口に飾り(邪気を払うため)、夜には豆まきをして厄払いを行っていました。

今は2月3日となっていますが、日付が変わる事もあります。2日になったり、4日になることもあります。

節分をお化けと呼ぶことがあります。
普段と違う格好で、神社やお寺に参拝すると厄払いの効果があると、信じられた事から始まったそうです。
今では京都の花街や大阪の北新地で芸者さんやホステスさんが仮装して賑わしています。

スポンサーリンク



 

節分の折り紙

今では節分の日に柊にイワシの頭を着けて、
入り口に飾っている所を見る事が、ほとんどありません。
周りからの見栄えもありますし、虫が寄って来て不衛生です。

しかし伝統ある行事なので、出来れば行いたい。
実は柊やイワシを折り紙で折る事が出来ます。
難しくなく子供と楽しみながら行えますし、伝統を行事を行う事が出来ます。

また豆まきの時に、買ってきた袋のまま撒くのはちょっと違う様に感じます。
TVではよく升や三方を使ってまいていますが、升がある家の方が少ないでしょう。
それも折り紙で折る事が出来ます。

また豆を買った時に鬼のお面がついて来ますが、子供が恐がる家庭では
折り紙でお面も作れるので、可愛い鬼のお面などを作ると、子供も楽しんで豆まきができます。

 

節分の恵方

恵方とは吉方の事を指し、
陰陽道でその年の幸福を司る神である歳徳神(としとくじん)がいる方角の事です。

毎年方角は干支と十干で決まります。
干支は十二支とわかりますが、
十干とは陰陽五行説で陰と陽に別れている木、火、土、金、水です。

・甲(きのえ)乙(きのと)
・丙(ひのえ)丁(ひのと)
・戊(つちのえ)己(つちのと)
・庚(かのえ)辛(かのと)
・壬(みずのえ)癸(みずのと)


と別れていています。

 

節分の恵方巻き

節分の日に恵方を向いて、無言で食べれば縁起が良いとされています。
この風習は大阪発祥とされていますが、様々な説があり起源はいまだはっきりとわかっていません。

ちなみに恵方巻きと言う名称はセブンイレブンが大阪には節分の日に太巻きを食べる風習があると聞いて、
1989年に縁起物として、広島県のセブンイレブンで売り出しました。

 

1998年には全国に広まり、恵方巻きが知られる様になりました。

恵方巻きは商売繁盛や無病息災を願い、七福神にちなんで具は七種類となっています。
よくあるのが、

・かんぴょう

・しいたけ煮

・うなぎ

・玉子焼き

・きゅうり

・桜でんぶ

・高野豆腐

などですが、今では海鮮恵方巻きなど様々な種類があります。
ちなみな七種類ない恵方巻きもあります。

他にはこんにゃくやけんちん汁を食べる地域もあるそうです。

そこで、献立は
恵方巻き、イワシの塩焼き、こんにゃく入りのけんちん汁におそばを入れたもの。
これで完璧ではないでしょうか。

スポンサーリンク



 

節分の豆まき

昔から節分には邪気が生じやすいと考えられていて、鬼が現れると言われていました。
また病や災害などは鬼の仕業とされて来ました。
その為豆をまいて鬼を払います。

また鬼は鬼門からやって来ると言われています。
鬼門とは丑寅の方角で、鬼は牛の角と虎の牙を持っているとされていたそうです。
その為鬼のパンツは虎柄なのです。

豆まきでは必ず大豆が使われます。

その理由は、大豆は五穀の1つで穀霊(神様)が宿るとされていて、神事でもに次いでよく使われています。
米よりでかく当たりやすい事や、魔滅(まめ)と言われて魔を滅すると言われているからです。

基本的に豆まきは夜にやりましょう、鬼がやってくるのが夜だからです。
豆まきが終わると年の数プラス1つ食べましょう。

年取りまめと言って、一年の厄払いを願って1つ多く食べます。

 

節分の厄払い

旧暦で数えると節分が年の瀬となります。
来年の良い年を迎えれる様に厄払いします。
厄払いする事で年神様と呼ばれる新年の神様を向かえます。

 

現在では厄年の方が厄払いをする時、一般的に新年から節分にかけて厄払いをします。
しかし節分の日は厄払いに適しているとも言われています。

季節の変わり目は邪気が生じやすいと言う考えから、
厄払いする効果が高いと考えられていたからです。

厄払いの歴史は古く、平安時代から追難(ついな)という行事が行われていました。
宮中の年中行事であり、鬼払いの儀式です。